『生産者から消費者へ』

市場の流れ
  • ① 卸売業者(株式会社 須崎青果)

    生産者などから出荷された品物を、「せり売り」「相対売り」等で仲卸業者や売買参加者に販売します。

  • ② 仲卸業者(株式会社カネエイ)

    市場内に店舗を持ち、卸売業者から買った品物を青果問屋や小売店・量販店から買い出しに来ている人に販売します。

  • ③ 売買参加者

    仲卸業者と同じように、卸売業者から買った品物を市場外にある自分の店で、消費者に販売したり、加工したりします。

  • ④ 関連事業者(株式会社オリエンタルテイスト)

    バラ出荷された農作物を袋詰め作業したり、仲卸業者や売買参加者から依頼されるリパック作業を主に行います。

卸売市場の機能

  • 1.集荷・分荷機能

    国内外から多種多様な青果物を大量に集荷し、需要者のニーズに応じて、迅速かつ効率的に必要な種類と量を仲卸業者、売買参加者へ販売します。

  • 2.価格形成機能

    せりや相対(あいたい※)取引によって、需給バランスや品質の優劣などを考慮しながら、公正な評価による透明性の高い価格を形成します。

  • 3.代金決済機能

    販売代金の精算や出荷者への支払いを迅速かつ確実に行います。

※相対とは、せりを行わず、売買当事者間で取引価格や取引量を決める直接取引のこと。